タグアーカイブ: 仕掛 - ページ 4

gs
ウナギ 仕掛け

ウナギ投げ釣り

河口や沼、湖などで使用するウナギの投げ釣り仕掛けです。 うなぎが一番釣りやすくなる時期はアナゴと同じで、6月の梅雨頃から8月です。 のんびりと夕涼みでもしながら釣るのも良いかもしれませんね! しかしウナギが一番美味しいのは寒の時期だったりします。 寒さに耐えながらじっと我慢して釣れたウナギはメッチャ美味しいですよねw …
Continue Reading
ヒラマサ 仕掛け

ヒラマサ仕掛(メーター級)

メーター級のヒラマサを陸(ショアー)から活き餌で狙う仕掛けです。 メーター級のヒラマサを確実に狙う場合通常のハリスでは切られてしまう確立が多いのでハリスはワイヤーハリスを使用します。 強引にやり取りすると竿が折れてしまう場合があるので、リールはドラグ調整の効く中?大型の両軸リールが適しています。 針は一本針で、餌は生き…
Continue Reading
ヒラマサ 仕掛け

小型ヒラマサの籠釣り(60cm前後)

関東で6月~8月にかけての70cm程度のヒラマサをターゲットにした籠釣り仕掛けです。 魚の大きさが変わっても基本的に同じで、道糸とハリスの太さを変えれば対応できます。 上画像ではフロロカーボンハリス号を使用していますが、混雑している場所やテトラなどの障害物がある所では強引なやり取りが必要なので、6号~8号程の太目のハリ…
Continue Reading
ヒラマサ 仕掛け

ヒラマサの釣り方

オキアミエサの場合 オキアミを使用する場合、餌を大きく見せるためオキアミ2匹を上図のように抱き合わせか背中合わせにします。 オキアミの尻尾は切り落とします。 尻尾がついたままだと海中でオキアミが潮の流れで回転し、コマセと同調しなくなるばかりか魚の食いが悪くなります。 コマセは基本的に付け餌と同じオキアミを使用します。ア…
Continue Reading
クロダイ(チヌ) 仕掛け

クロダイ仕掛(棒浮フカセ仕掛)

クロダイ釣りの基本的な棒浮きでのフカセ仕掛けです。 図では自作カヤ浮きを使用していますが、遠矢ウキなどが一般的に良く使用されています (夜釣りをされる方はこちらもご一読ください) 概略 棒浮きでのフカセ釣りは、堤防や湾内などの比較的波の無い穏やかな所で使用します。 図では自作のカヤ浮きを使用していますが、遠矢浮きなどの…
Continue Reading
クロダイ(チヌ) 仕掛け

黒鯛フカセ釣り-棚の取り方

黒鯛釣りでは棚(タナ)の取り方が一番大事です。 棚(タナ)がきちんと取れていないと、いくら大物が潜む場所で釣りをしても絶対に釣れません! っと言うわけで、正確に棚(タナ)を測れる計り方をお教えします。 仕掛け作りが終わったらゴム管つきのオモリをつかってポイント付近の水深を測ります。 トップの長さ分エサが浮き上がるように…
Continue Reading
針の縛り方

針の縛り方

一般的によく使用される外掛け結びの手順を説明します。 【 1 】 上図のように、ハリスを針の軸に添え輪を作ります。 このときハリスは、必ずチモトの内側にくるようにします。 ハリスが内側にきていないと、魚がくわえた時、針掛かりが非常に悪くなります。 ポイント 輪の出来る所を左手親指と人差し指で針ごとつまみ、押さえながらや…
Continue Reading
カレイ 仕掛け

カレイ投げ釣り

カレイの投げ釣り仕掛です。 常磐では毎年2月頃になると50cmを超える座布団マコガレイが釣れます。 この仕掛けは常磐でかなりの実績を上げている仕掛けです。 また、三浦の走水でのボート釣りでもこの仕掛を使って釣れます。 細めのハリスを長めに使用して、餌が潮に乗り誘いが効くようにする。 針のチモトに赤いビーズ、もしくは赤系…
Continue Reading
イセエビ 仕掛け

イセエビ穴釣り

堤防やテトラポッドでのイセエビ釣り仕掛けです。 場所によってはイセエビ釣りが禁止されている所も有りますので注意してくださいね! 竿はほどの穂先がやわらかく胴の張りがあるものを使用します。 安売りの1000円程度の竿で十分です。 リールは両軸リールのほうが使いやすいでしょう。 というのも、仕掛けを降ろす時微妙な深さを測れ…
Continue Reading