タグアーカイブ: 仕掛 - ページ 3

gs
マダイ 仕掛け

マダイ ビシ釣仕掛

船釣りでの標準的なマダイビシ釣仕掛です。 この仕掛けを基準に、潮流・魚の活性・釣り場などに合せてハリスの長さやビシのサイズを変えます。 マイボートやレンタルボートでは長すぎるハリスは手返しが悪くなりますので、5m前後の長さが手返しもしやすいと思います。 また、遊漁船の場合は、ハリスの長さや太さ、ビシの重さなども決まって…
Continue Reading
クロダイ(チヌ) 仕掛け

クロダイ 浮きダンゴ釣り

クロダイ釣りの場合、いろいろな釣り方がありますが、ここでは棒浮きでの紀州釣り?(浮き団子釣りです)を紹介します。 尚、ここで紹介する釣り方は磯や波の有る所には向きません。 道具 竿 使用する竿は中通しの磯竿1号で、mかmを使用します。団子Onelyならmあたりが使いやすいでしょう。 購入時は必ず竿を伸ばし、竿尻から竿先…
Continue Reading
結び方(ノット)

糸同士の結び方(ブラッドノット)

道糸と道糸、道糸とハリスなどを結ぶ時の結び方です。 強度も有り、結び目が小さいので見た目もきれいです。 メジナ釣りなどでヨリモドシ等を使用せずに道糸とハリスを直結したい時などにこの結び方を用います。 他の結び方もそうですが、絞め込むときは結び目を必ず唾などで湿らせてから絞め込んでください。 そのまま絞め込むと摩擦抵抗が…
Continue Reading
テナガエビ 仕掛け

テナガエビ釣仕掛

河口付近の護岸などで釣れるテナガエビの浮き釣り仕掛けです。 4m程度の延べ竿(安物でOK)に0.6号前後の道糸50cm程度(深さにより変える)に浮きと針を付けただけです。 針はなるべく小さい物を使用します。(渓流5号以下) 浮きは唐辛子浮きでなるべく小さめの物を使い、棚(タナ)は餌が丁度底を這う位に調整します。 棚(タ…
Continue Reading
イワナ 仕掛け

渓流釣り標準仕掛

一般的に良く使われる渓流釣りの標準仕掛けです。 この仕掛けを基準に、釣り場や狙う魚の大きさ、川の流れの速さを考慮して錘や仕掛けの長さを変えます。 図ではmの渓流竿を使用していますが、本流釣の場合はこの竿では短いので 7~8mの物を使用します。(時には9mの物を使用したりします) 基本的に渓流も本流も同じです。 ガンダマ…
Continue Reading
イワナ 仕掛け

渓流 ちょうちん仕掛

一般に言うちょうちん仕掛です。 現流域の沢や支流など、藪が多い所での仕掛けになります。 竿は渓流竿の硬中硬や中硬硬のm、ハリスは1ヒロ前後で場所にあわせて長さを変えます。 ガンダマも流れの強さで重さを変えます。 基本的にB~2Bで殆ど対応でき、ガンガン流れが強いところで3B位だと思います。 釣り方 この仕掛けが特に威力…
Continue Reading
イワナ 仕掛け

渓流釣り(フライ)仕掛

この仕掛けは普通のフライフィッシングとは違い、普通の渓流竿にドライフライやニンフを取り付けて釣る仕掛けです。 テンカラ釣りを短くしたような感じの仕掛けです。 同居人のY子が虫餌を付けられない上に狭い川でフライロッドを振れないので考案しました。 名付けてY子ポチャン釣り仕掛(笑) 本流よりも、沢や源流で効力を発揮します。…
Continue Reading
イカ 仕掛け

スミイカ(シリヤケイカ)堤防釣り仕掛

5月頃に堤防で釣れるシリヤケイカ釣仕掛です。 竿は竿先の柔らかい、磯竿の2~3号程度で、mの物が適しています。 投げ竿などでもかまいませんが、竿先が固いと食いが極端に悪くなります。 5~6月に堤防で釣れるシリヤケイカは産卵の為に接岸した物で、群れに当たるといっぺんに3~4杯乗る時が有ります。 そのような時は磯竿の2~3…
Continue Reading
シロギス 仕掛け

シロギス投げ釣仕掛

投げ釣りやボート釣りで使用できる基本的なシロギスの釣仕掛です。 図では枝針を5本にしていますが、投げるのに自信が有れば10本ほど付けて下さい。 竿は砂浜からの投げ釣りの場合遠投する場合がありますので、4m以上のカーボンRODが良いと思います。 リールや道糸も遠投出来るように、大型のスピニングリールにPEラインが良いと思…
Continue Reading
クロダイ(チヌ) 仕掛け

クロダイ投げ釣仕掛

ノッコミの時期が主にクロダイの投げ釣り最盛期で、場所によっては夏までこの仕掛けで釣れます。 この時期の投げ釣りでは年無しと呼ばれる巨チヌが釣れる確立が多くなります。 竿は磯竿の3~4号程度で5.3mの物を使用し、リールは遠投出来るタイプが良いと思います。 ポイントはフカセ釣り同様、根回りがポイントになります 私が以前通…
Continue Reading