ヨリモドシやサルカンに道糸やハリスを結んだり、ルアー等にショックリーダーを結ぶ手順です。
サルカン、エギ、ルアー、ジグヘッドなど、殆どの物はこの結び方で問題ありません。
私も実際に70cmオーバーのヒラマサや50cmオーバーの黒鯛などを釣るときにブリンソンノットを使用していますが、結び目で切れたことは一度もありません。
簡単に早く結べる結束方法ですので覚えておくと良いでしょう。
この縛り方でラインの80%以上の強度が出ます。

縛るコツは、絞め込むときに結び目を唾などで濡らしてから絞め込む事。
そうしないと結び目を絞め込む時に、摩擦で切れてしまうことが有ります。
また、その時切れなくても、摩擦で結合部が弱くなりますので、結び目を絞め込む時は必ず濡らしてから絞め込むようにします。
釣り場でのタックルチェンジは、強度と共に速さが求められます。
特に時合いの時などや、ルアー等で魚がボイルしているときなど、もたもたしていると釣るチャンスを逃すことにもなります。
慣れてくれば数秒で結ぶことが出来ますので、ブリンソンノットは覚えておくと良いでしょう。

http://www.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/05/blinson-knot.jpghttp://www.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/05/blinson-knot-150x150.jpgJUN結び方(ノット)サルカン,ビデオ,ブリンソンノット,ヨリモドシ,仕掛け,動画,結び,縛り,釣りヨリモドシやサルカンに道糸やハリスを結んだり、ルアー等にショックリーダーを結ぶ手順です。 サルカン、エギ、ルアー、ジグヘッドなど、殆どの物はこの結び方で問題ありません。 私も実際に70cmオーバーのヒラマサや50cmオーバーの黒鯛などを釣るときにブリンソンノットを使用していますが、結び目で切れたことは一度もありません。 簡単に早く結べる結束方法ですので覚えておくと良いでしょう。 この縛り方でラインの80%以上の強度が出ます。 縛るコツは、絞め込むときに結び目を唾などで濡らしてから絞め込む事。 そうしないと結び目を絞め込む時に、摩擦で切れてしまうことが有ります。 また、その時切れなくても、摩擦で結合部が弱くなりますので、結び目を絞め込む時は必ず濡らしてから絞め込むようにします。 釣り場でのタックルチェンジは、強度と共に速さが求められます。 特に時合いの時などや、ルアー等で魚がボイルしているときなど、もたもたしていると釣るチャンスを逃すことにもなります。 慣れてくれば数秒で結ぶことが出来ますので、ブリンソンノットは覚えておくと良いでしょう。海釣り、渓流釣り、ルアーや浮きフカセ釣り、船釣りなどあらゆる釣りの仕掛け集