メジマグロ ジギング 釣仕掛メジマグロをメタルジグで釣る仕掛けです。
図は、船やボートでのジギング、及びキャスティングで使用するタックルです。

タックル

ジギングというと、ベイトロッドを頭に浮かべる方も多いと思いますが、
メジマグロの場合、ナブラを見つけてキャストするナブラ打ちをする場合が有りますので、
スピニングロッドを使用したほうが良いと思います。
使用するロッドはZENITH 零式スプリント ZS63S-4など、6フィート前後が扱いやすいと思います。
駿河湾の場合、使用するジグはピンク系の色が良い気がします。
まぁ、これは私が今までやった経験に基く物なのですが、何色にするかは個人の好みで良いかと…(笑)
基本的に青物はみんな色盲だと言う学説も有りますので。
ただ、色は分からなくとも、コントラストは分かるみたいです。
アシストフックは好みで付けて下さい。
フォール中にヒットすることが多い場合は、アシストフックのみの方がヒット率が良い気がします。
両方付けてても問題ないですが、リーダーに若干絡みやすくなりますし、ジグの動きも悪くなる気がします。


ナブラ打ちを省いては、軽くキャストして底を取ってからアクションを入れます。
一応魚探が付いている船の場合は魚探に映った魚影を目標にして、それより沈めてからアクションを入れます。
小型のメジマグロ(50cm以内)は、比較的ゆっくりしたアクションに反応するようです。
(世間で言う、【おじいちゃんジャーク】っていう感じ(笑))
ですので使用するリールはハイスピードのものよりもノーマルタイプで問題ありません。
(ハンドル1回転で80cm程度のギア比のリール)
15 ツインパワー SW 6000PGなど
アタリも餌釣同様に、フォール中に食ってきたり、回収しようとアクションを入れずに巻いてきた時にヒットしたりと様々です。
ヒットしたら軽く合わせる程度で問題無いと思います。

釣り方

ナブラ打ちする場合ですが、メジマグロやカツオのナブラはメチャクチャ早いです!(汗)
ナブラを見つけ、運良くボートをナブラが動く頭につけることが出来れば即キャスティングします!
マグロの場合、一番最初にキャストしたジグに食ってくると言われていますので、
迅速に、尚且つ正確にキャスティングする必要が有ります。
慌てて変な方向にキャストしても絶対に食って来ません。
ナブラより若干遠くにキャストしたら、ジグが水面で水柱を立てるぐらいにハイスピードで巻いてきます。
ですので、ナブラ打ちの場合に使用するリールは、ハイギヤタイプのスピニングリールを15 ツインパワー SW 8000PG等をオススメします。
(ハンドル1回転で100cm程度のギヤ比のリール)
ナブラ打ちでナブラの先頭を追いかけてボートを走らせるのは殆ど不可能です。
(相当スピードの出る船なら別ですが…)
ですので、マグロのナブラらしき物を見つけたらその方向と進路、そして潮目を見極めます。
大体同じルートを回遊することが多いので、その進路を見極め待つことになります。
はっきり言ってギャンブル的な釣りになります(笑)
当たれば6kg以上の物が釣れるのでやめられないのですが…f^^;
(山が外れれば当然釣果は有りません(涙))

ランディング

30cm程度の物ならそのまま抜き上げても全く問題ありません。
40cmを超える物は、ランディングネット(玉網)で掬うのが無難だと思います。
70cmクラス以上の獲物はギャフの方が有利かな?
トリプルフックを付けているとネットに引っかかってバラス事があるので。。。
(これで何度ばらされたか…(涙))
ま、バラシてもランディングする人もかなり緊張するので怒らないであげてね!(苦笑)

マグロの料理レシピはこちら

http://www.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/09/tuna_jiging.jpghttp://www.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/09/tuna_jiging-150x150.jpgJUNメジマグロ 仕掛けルアー船釣りジギング,メジマグロ,メタルジグ,ルアー,仕掛,釣メジマグロをメタルジグで釣る仕掛けです。 図は、船やボートでのジギング、及びキャスティングで使用するタックルです。 タックル ジギングというと、ベイトロッドを頭に浮かべる方も多いと思いますが、 メジマグロの場合、ナブラを見つけてキャストするナブラ打ちをする場合が有りますので、 スピニングロッドを使用したほうが良いと思います。 使用するロッドはZENITH 零式スプリント ZS63S-4など、6フィート前後が扱いやすいと思います。 駿河湾の場合、使用するジグはピンク系の色が良い気がします。 まぁ、これは私が今までやった経験に基く物なのですが、何色にするかは個人の好みで良いかと...(笑) 基本的に青物はみんな色盲だと言う学説も有りますので。 ただ、色は分からなくとも、コントラストは分かるみたいです。 アシストフックは好みで付けて下さい。 フォール中にヒットすることが多い場合は、アシストフックのみの方がヒット率が良い気がします。 両方付けてても問題ないですが、リーダーに若干絡みやすくなりますし、ジグの動きも悪くなる気がします。 ナブラ打ちを省いては、軽くキャストして底を取ってからアクションを入れます。 一応魚探が付いている船の場合は魚探に映った魚影を目標にして、それより沈めてからアクションを入れます。 小型のメジマグロ(50cm以内)は、比較的ゆっくりしたアクションに反応するようです。 (世間で言う、【おじいちゃんジャーク】っていう感じ(笑)) ですので使用するリールはハイスピードのものよりもノーマルタイプで問題ありません。 (ハンドル1回転で80cm程度のギア比のリール) 15 ツインパワー SW 6000PGなど アタリも餌釣同様に、フォール中に食ってきたり、回収しようとアクションを入れずに巻いてきた時にヒットしたりと様々です。 ヒットしたら軽く合わせる程度で問題無いと思います。 釣り方 ナブラ打ちする場合ですが、メジマグロやカツオのナブラはメチャクチャ早いです!(汗) ナブラを見つけ、運良くボートをナブラが動く頭につけることが出来れば即キャスティングします! マグロの場合、一番最初にキャストしたジグに食ってくると言われていますので、 迅速に、尚且つ正確にキャスティングする必要が有ります。 慌てて変な方向にキャストしても絶対に食って来ません。 ナブラより若干遠くにキャストしたら、ジグが水面で水柱を立てるぐらいにハイスピードで巻いてきます。 ですので、ナブラ打ちの場合に使用するリールは、ハイギヤタイプのスピニングリールを15 ツインパワー SW 8000PG等をオススメします。 (ハンドル1回転で100cm程度のギヤ比のリール) ナブラ打ちでナブラの先頭を追いかけてボートを走らせるのは殆ど不可能です。 (相当スピードの出る船なら別ですが...) ですので、マグロのナブラらしき物を見つけたらその方向と進路、そして潮目を見極めます。 大体同じルートを回遊することが多いので、その進路を見極め待つことになります。 はっきり言ってギャンブル的な釣りになります(笑) 当たれば6kg以上の物が釣れるのでやめられないのですが...f^^; (山が外れれば当然釣果は有りません(涙)) ランディング 30cm程度の物ならそのまま抜き上げても全く問題ありません。 40cmを超える物は、ランディングネット(玉網)で掬うのが無難だと思います。 70cmクラス以上の獲物はギャフの方が有利かな? トリプルフックを付けているとネットに引っかかってバラス事があるので。。。 (これで何度ばらされたか...(涙)) ま、バラシてもランディングする人もかなり緊張するので怒らないであげてね!(苦笑) マグロの料理レシピはこちら海釣り、渓流釣り、ルアーや浮きフカセ釣り、船釣りなどあらゆる釣りの仕掛け集