タグアーカイブ: 釣り

メジナ 仕掛け

海苔メジナ 釣り仕掛

海苔(アオサ)でメジナを釣る仕掛けになります。 海苔でメジナを釣るシーズンは一般的に冬と言われていますが、実は一年中海苔で釣る事が出来ます。 また、海苔餌を使うと大型のメジナが良く釣れます。 その上コマセも海苔と砂ですので経済的にも言う事無し!(笑) ここ最近特に神奈川県の三浦半島の磯釣りでは大物が釣れるので人気が出て…
Continue Reading
イカ 仕掛け

ヤリイカ 餌スッテ 釣 仕掛

エサ巻スッテを使用したヤリイカ釣りの仕掛けです。 11月後半から3月頃までの大型を狙う仕掛けになります。 仕掛けの概略 ヤリイカの場合、産卵で接岸している時以外は凡そ100m前後の棚(タナ)を狙います。 ですので道糸はPEラインの5~6号を200m以上巻けるリールを使用します。 出来れば電動リールをオススメします。 画…
Continue Reading
スズキ 仕掛け

スズキの電気浮き釣り仕掛け

スズキ(シーバス)を夜釣りで電気浮きを使用して釣る餌釣り仕掛けです。 初夏から晩秋までこの仕掛けで釣ることが出来ます。 ポイントは磯周りか、根が入っている堤防、又は砂浜になります。 仕掛けの概略 ■電気浮きは浮き自体が自立して重さも有るハピソン高輝度自立電気ウキ 赤 YF-782などを使用しますので、 竿は投げ竿の~m…
Continue Reading
結び方(ノット)

チチワ(サージェンスループ)

道糸やハリスをヨリモドシなどに結ぶときに作るチチワの作り方です。 サージェンスループ(Surgeon's Loop)とも言います。 一般的なチチワの作り方で、主に小物釣りの時にヨリモドシなどに釣り糸を縛る時にこの輪を作ります。 簡単に手早く出来るので覚えておくと良いでしょう。 釣り糸を二つ折りにします 束ねた糸に輪を作…
Continue Reading
結び方(ノット)

電車結び

釣り糸同士を簡単に結ぶ結び方です。 しかし、ブラッドノットに比べると強度はかなり落ちます。 小物釣りの仕掛けや釣り糸を結ぶときに向いています。 ■1. 上画像のように両方の糸に輪を作りお互いを通します。 電車の車輪に見えることから電車結びと言うようになったとか… 通したら両端を引っ張ります ■2. 有る程度締め込んだら…
Continue Reading
サワラ 仕掛け

サワラ ジグ仕掛

陸から狙うサワラのジグ仕掛けです。 陸からだと、殆どが堤防や砂浜から狙うと思いますので、RODはM~MHの10ft前後の物を使用します。 テンリュウ パワーマスター PWM110MHなど。 ショックリーダーはワイヤーリーダーを使う方もいますが、ジグのアクションが悪くなるのであえてナイロンのショックリーダーを使用していま…
Continue Reading
アマダイ 仕掛け

アマダイ釣り仕掛け

11月から3月頃に釣れる船やボートでのアマダイ釣り仕掛です。 アマダイは砂泥地に生息し、顔を砂から出して上から来る餌を待ち構えていて、あまり移動しません。 ですので釣り方は必然的にパラシュートアンカーなどを使用した流し釣りになります。 アマダイの釣れる棚(タナ)は大体70から100m前後のところがポイントになります。 …
Continue Reading
アイナメ 仕掛け

脈釣り仕掛け

堤防でアイナメや根魚を狙う時に使用する極一般的な脈釣り仕掛けです。 他の仕掛けで釣果が伸びない時などに意外とこの釣り方で釣れる事が有ります。 仕掛けの概要 【竿】 使用する竿は、へち釣りなら程度の短竿、ポイントが堤防から離れているような所では5mで2号程度の磯竿を使用します。 【リール】 リールは出来れば両軸リールの方…
Continue Reading
結び方(ノット)

ヨリモドシ等の結び方(ブリンソンノット)

ヨリモドシやサルカンに道糸やハリスを結んだり、ルアー等にショックリーダーを結ぶ手順です。 サルカン、エギ、ルアー、ジグヘッドなど、殆どの物はこの結び方で問題ありません。 私も実際に70cmオーバーのヒラマサや50cmオーバーの黒鯛などを釣るときにブリンソンノットを使用していますが、結び目で切れたことは一度もありません。…
Continue Reading