タグアーカイブ: フカセ

メジナ 仕掛け

メジナ釣仕掛

一般的に使われるメジナのフカセ釣仕掛です。 ポイントの棚(タナ)にもよりますが、浮き止めは作らず完全遊動式にして表層から深いところまでを探ります。 棚(タナ)が竿1本以下の所では浮きを固定にする場合も有ります。 浮きの大きさや負荷は基本を0~2B程度として海の状況で変えます。 水中浮きやカラマン棒は付けずにクッションの…
Continue Reading
クロダイ(チヌ) 仕掛け

クロダイ仕掛(棒浮フカセ仕掛)

クロダイ釣りの基本的な棒浮きでのフカセ仕掛けです。 図では自作カヤ浮きを使用していますが、遠矢ウキなどが一般的に良く使用されています (夜釣りをされる方はこちらもご一読ください) 概略 棒浮きでのフカセ釣りは、堤防や湾内などの比較的波の無い穏やかな所で使用します。 図では自作のカヤ浮きを使用していますが、遠矢浮きなどの…
Continue Reading
クロダイ(チヌ) 仕掛け

黒鯛フカセ釣り-棚の取り方

黒鯛釣りでは棚(タナ)の取り方が一番大事です。 棚(タナ)がきちんと取れていないと、いくら大物が潜む場所で釣りをしても絶対に釣れません! っと言うわけで、正確に棚(タナ)を測れる計り方をお教えします。 仕掛け作りが終わったらゴム管つきのオモリをつかってポイント付近の水深を測ります。 トップの長さ分エサが浮き上がるように…
Continue Reading