カレイ投げ釣り仕掛けカレイの投げ釣り仕掛です。
常磐では毎年2月頃になると50cmを超える座布団マコガレイが釣れます。
この仕掛けは常磐でかなりの実績を上げている仕掛けです。
また、三浦の走水でのボート釣りでもこの仕掛を使って釣れます。
細めのハリスを長めに使用して、餌が潮に乗り誘いが効くようにする。
針のチモトに赤いビーズ、もしくは赤系のソフトビーズを3個ほどつける。
カレイは赤系統を好むらしく、実績もあるので付けています。

カレイの釣り方

ポイントカレイ釣りのポイントは、潮通しが良い砂地の起伏のある場所が良いようです。
上図のような所がポイントになります。
このような所はカレイ以外にも多くの魚が好んで生息します。
仕掛けを投げ入れオモリが着底したら、ゆっくりと引きながら仕掛けが重くなる場所で止めアタリを待ちます。
そのまま置いて待っていてはなかなか釣れませんので、しばらくしたら少しサビいてアタリを待つの繰り返しをします。

カレイ釣りに使用する餌

餌は青イソメや赤イソメ、手に入ればコガネ虫を使用します。
付け方は4~5匹をちょん掛けにし、餌を大きく見せます。
大きい餌を付けるより、なるべく小さいものを多めに付けた方が釣れるようです。
アタリは40cmを超える大型の場合、竿をひったくるような大きいアタリがある場合があります。
アタリがあっても慌てず、しばらく食い込ませてから合わせるようにします。
カレイは、餌を味わうようにゆっくりと餌を飲み込むからです。
カレイの料理、捌き方はこちら

http://www.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/04/karei-sikake.jpghttp://www.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/04/karei-sikake-150x150.jpgJUNカレイ 仕掛け堤防投げ釣りカレイ,ボート,マコガレイ,仕掛,投げ釣り,海釣り,船釣,釣カレイの投げ釣り仕掛です。 常磐では毎年2月頃になると50cmを超える座布団マコガレイが釣れます。 この仕掛けは常磐でかなりの実績を上げている仕掛けです。 また、三浦の走水でのボート釣りでもこの仕掛を使って釣れます。 細めのハリスを長めに使用して、餌が潮に乗り誘いが効くようにする。 針のチモトに赤いビーズ、もしくは赤系のソフトビーズを3個ほどつける。 カレイは赤系統を好むらしく、実績もあるので付けています。 カレイの釣り方 カレイ釣りのポイントは、潮通しが良い砂地の起伏のある場所が良いようです。 上図のような所がポイントになります。 このような所はカレイ以外にも多くの魚が好んで生息します。 仕掛けを投げ入れオモリが着底したら、ゆっくりと引きながら仕掛けが重くなる場所で止めアタリを待ちます。 そのまま置いて待っていてはなかなか釣れませんので、しばらくしたら少しサビいてアタリを待つの繰り返しをします。 カレイ釣りに使用する餌 餌は青イソメや赤イソメ、手に入ればコガネ虫を使用します。 付け方は4~5匹をちょん掛けにし、餌を大きく見せます。 大きい餌を付けるより、なるべく小さいものを多めに付けた方が釣れるようです。 アタリは40cmを超える大型の場合、竿をひったくるような大きいアタリがある場合があります。 アタリがあっても慌てず、しばらく食い込ませてから合わせるようにします。 カレイは、餌を味わうようにゆっくりと餌を飲み込むからです。 カレイの料理、捌き方はこちら海釣り、渓流釣り、ルアーや浮きフカセ釣り、船釣りなどあらゆる釣りの仕掛け集