アナゴの投げ釣り仕掛けアナゴの投げ釣り仕掛けです。基本的に夜を想定した仕掛けになっています。
常磐方面の港内や、海底が砂泥地になっている所でしたらどこでも釣れると思います。
使用する竿は4.5m前後の投げ竿なら安い竿でも十分です。
仕掛はジェット天秤を利用した仕掛になり、途中にケミカルライトをセロテープなどで取り付けると集魚効果が上がります。
ハリスはあまり長くするとアナゴが掛かった時絡みやすくなるため、必要以上に長くしません。
餌は、青イソメ・赤イソメ・イカの切り身などを使用します。
赤イソメとイカ切り身が食いが良いようです。

アナゴの釣り方

アナゴ釣りは基本的に夜の釣りになります。
普通の投げ釣りなので、取り入って難しい所はありません。
潮通しの良い漁港内などで、底が砂泥地になっている所にアナゴがいると思われます。
仕掛けを投げ入れ着底したら少しずつ巻き上げてきます。
若干重みを感じるところがカケアガリなどの底に変化が有る所なのでアタリを待ちます。
アタリが無い場合は軽く竿を2~3回煽って誘いを入れ、竿立て等に竿を立ててしばし待ちます。
大型のアナゴのアタリは、竿がバタバタ暴れるほど激しいアタリが多いです。
対して小さいアナゴの場合は、竿先が小さく上下する程度の分かり辛いアタリが多いです。
アナゴのアゴは硬いので、アタリが有ったら大きめに竿を煽り合わせを入れて、アナゴが仕掛に絡みつかないように一定の速度で撒いてきます。
大きいアナゴの場合、引きもそこそこ強いので楽しめると思います。

アナゴの料理レシピはこちら

http://www.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/04/anago-sikake.jpghttp://www.fish-trap.net/wp/wp-content/uploads/2007/04/anago-sikake-150x150.jpgJUNアナゴ 仕掛け堤防投げ釣りアナゴ,ケミカルライト,ジェット天秤,仕掛け,堤防,夜釣り,投げ釣り,海釣りアナゴの投げ釣り仕掛けです。基本的に夜を想定した仕掛けになっています。 常磐方面の港内や、海底が砂泥地になっている所でしたらどこでも釣れると思います。 使用する竿は4.5m前後の投げ竿なら安い竿でも十分です。 仕掛はジェット天秤を利用した仕掛になり、途中にケミカルライトをセロテープなどで取り付けると集魚効果が上がります。 ハリスはあまり長くするとアナゴが掛かった時絡みやすくなるため、必要以上に長くしません。 餌は、青イソメ・赤イソメ・イカの切り身などを使用します。 赤イソメとイカ切り身が食いが良いようです。 アナゴの釣り方 アナゴ釣りは基本的に夜の釣りになります。 普通の投げ釣りなので、取り入って難しい所はありません。 潮通しの良い漁港内などで、底が砂泥地になっている所にアナゴがいると思われます。 仕掛けを投げ入れ着底したら少しずつ巻き上げてきます。 若干重みを感じるところがカケアガリなどの底に変化が有る所なのでアタリを待ちます。 アタリが無い場合は軽く竿を2~3回煽って誘いを入れ、竿立て等に竿を立ててしばし待ちます。 大型のアナゴのアタリは、竿がバタバタ暴れるほど激しいアタリが多いです。 対して小さいアナゴの場合は、竿先が小さく上下する程度の分かり辛いアタリが多いです。 アナゴのアゴは硬いので、アタリが有ったら大きめに竿を煽り合わせを入れて、アナゴが仕掛に絡みつかないように一定の速度で撒いてきます。 大きいアナゴの場合、引きもそこそこ強いので楽しめると思います。 アナゴの料理レシピはこちら海釣り、渓流釣り、ルアーや浮きフカセ釣り、船釣りなどあらゆる釣りの仕掛け集