爆釣!釣仕掛

メジナ釣りの基本的な仕掛けです。これを元にポイントに合せて浮きやハリスの長さなどを変えます。

HOME > メジナ 仕掛け > メジナ釣仕掛

メジナ釣仕掛←画像をクリックすると拡大表示されます。

一般的に使われるメジナフカセ釣仕掛です。

ポイントの棚にもよりますが、浮き止めは作らず完全遊動式にして表層から深いところまでを探ります。

棚が竿1本以下の所では浮きを固定にする場合も有ります。

浮きの大きさや負荷は基本を0?2B程度として海の状況で変えます。

水中浮きやカラマン棒は付けずにクッションのみにする場合があります。

地磯の場合道糸は2?3号、ハリスは1.5?2号を2m程度を基本として、状況によって変えます。

Advertisement

竿は1.2から2号程度で5m程度の磯竿を使用します。
地磯で釣りをする場合は、大きくても45cm程度ですので、竿は1.5号も有れば十分です。
それ以上の太さだと地磯ではオーバースペックですので、離島などで50cmオーバーのクチブトや尾長グレを釣るときに使用すると良いでしょう。

ワシは荒れた海では、インナーロッドのトーナメント マスタードライ 1.5号-53を使用しています。
竿のパワーは問題ないのですが、最近のダイワの竿は品質にかなりばらつきが有るようで、折れるはずの無いような状況で穂先が折れたりガイドリングが落ちたりするものがあります。
事実ワシの竿もデビューした日に20cmのグレを抜き揚げただけで#1が折れ、修理後にエントランスガイドが抜け落ちたりと散々な代物だったので、今では心置きなく折れる限界まで竿を曲げて遊んでます(苦笑)

地磯で釣りをするのがメインなら、がまかつ がま磯 グレSP Gチューン IM 1.25号5.3は良い竿ですのでお勧めです。

ダイコー磯スペシャルロッド フルフィールド 砕波 1.5号-53等も低価格の割りにかなり良い竿なのでお勧めです。

また、三浦半島の磯で棚が2ヒロ・3ヒロ程度の浅く根のきつい所をタイトに攻めるなら、ダイコー フルフィールド 海匠 磯スペシャル プロタイプ 1.5-52はかなりお勧め。

根のきつい所で40cmオーバーのメジナを掛けると、曲げて獲るような腰の弱い磯竿ではアッと言う間に根に張り付かれてしまいますが、ダイコー フルフィールド 海匠 磯スペシャル プロタイプ 1.5-52のバット部は、その辺の高級機の腰砕け竿など比較にならない程パワーがあり、安心してやり取りが出来ます。
その上穂先は繊細で、大物の微妙な食い込みにも対応できる、三浦での海苔で狙う大物に最適な竿だといえるでしょう。
塗装は金額が金額だけに高級竿に比べちゃうとチョッとビミョーですが、価格以上のスペックを持った、ワシが最近惚れ込んだ一品です(笑)
4Kg超のシーバスでも3号道糸で楽々取り込めましたので、そのパワーは実証済みですぞ♪
2010年12月4日釣行日誌参照

しかし、沖磯や深場などでこの竿を使用すると、パワーが有り過ぎて直ぐに魚が浮いてしまうので逆につまらないかも知れません(笑)
根のきついスリリングな場所での大物狙いや、どうしても大物を取りたいけど予算をかけられない!と言う方にはお勧めします。
と言うワシ自身も最近はこの竿をメインで使用しています(笑)

リールは2500番程度のレバーブレーキリールか、ドラグ性能のしっかりしているリールが良いです。

とは言え、40cmソコソコの口太メジナの場合は、掛かっても糸を出す事は殆ど無いので、レバーブレーキやドラグは保険と言う程度です(笑)
特にワシの良く行く三浦の磯の様な、根のきつい浅い場所でのやり取りは、道糸を出してしまうと根に潜られ根ズレでバラす事になりますので、極力道糸は出さず、竿のパワーとロッドワークでやり取りします。

ワシはたまに沖磯も行くので、メインはダイワ トーナメントISO?Z 3000LBDを使用していますが、回転の滑らかさ、ドラグ部の性能はシマノ BB-X テクニウムMg 2500DXGの方が上だと思います。

ただ、レバーの形状が好きになれなくてダイワ トーナメントISO?Z 3000LBDをメインで使用していたりしますが、レバーブレーキを好みの形に交換できるなら、間違いなく毎回シマノ BB-X テクニウムMg 2500DXGを使用していると思います。

と思ったら、いつの間にかシマノ 夢屋 09BB-Xテクニウム ストレート ブレーキレバーMなんてのが出てたんですな!
こんな事ならBB-Xを売らなきゃ良かったと後悔してます...(汗)

別に高級機を購入する事はお勧めしません。3万円前後でドラグ性能がしっかりしているレバーブレーキリールを好みに合わせて購入すれば全く問題ありません。
高級機は値段は高いですが、メンテナンスさえしっかりやっていれば10年は使えますし、最上位機種を持っているという自慢にしか過ぎませんので(笑)
つうか、10年に1度しか道具を買う事を許されないのですよ。ワシの場合...(滝汗)

また、リール選びで大事な部分は、ハンドル1回転辺りの糸巻き量も重要になります。
ハンドル1回転での糸巻き量はリールにより異なりますが、出来るだけ1回転での糸巻き量が多い物を選ぶと良いです。
その理由は、

  1. 仕掛けの回収が早くなるので、手返しも早くできる
  2. 道糸を早く巻けるので、魚に主導権を与えない
  3. 大物とのやり取りも楽になる

ザックリと言うと上記3点です。
特に浅場で40オーバーのグレとのやり取りする場合は、モタモタしているとアッと言う間に根に張り付かれてしまいますので、出来るだけハンドル1回転での糸巻き量が多いリールを選ぶと良いです。

ちなみにダイワ トーナメントISO?Z 3000LBDがハンドル1回転で91cm
シマノ BB-X テクニウムMg 2500DXGが、ハンドル1回転で98cm
ワシも予備機で使用しているDAIWAのレバーブレーキリールの廉価版ダイワ トライソ ショックス(TRISO SHOX)2500LBDが、ハンドル1回転で70cmです。

2010年暮れに発売された、話題の高密度カーボン素材「ザイオン」を使用したダイワ プレイソ 2500LBのハンドル1回転辺りの糸巻き量が79cm
もう少し予算が許すなら、シマノ BB?XハイパーフォースMg 2500DHGが、ハンドル1回転辺り87cm有るのでお勧めです。

とは言え、どんな道具を使おうと根に張り付かれる時は張り付かれますし、獲れる時はどんな道具でも獲れます。
実際にハンドル1回転で70cmダイワ トライソ ショックス(TRISO SHOX)2500LBDでも普通に40オーバーのグレは獲れますので、
大物とのやり取りは経験値とも有りますから、リールは予算とデザインの好みで選べば良いと思います。

道糸は竿の太さに合わせ、2号から3号も有れば十分です。

フローティングラインを使用するかサスペンドラインを使用するかは個人の好みも有ると思います。
根がきつい場所では、サスペンドよりもフロートの方が有利な場合もありますし、深くて風の無い状況ではサスペンドの方が有利になる場合があります。
また、使用する仕掛けでも変わります。
ワシの場合は海が荒れている時や固定仕掛けの場合はフローティングライン、海が荒れてない時や深い場所での全誘導式、半誘導式仕掛を使う場合はサスペンドラインと言うように状況に合わせて使い分けています。

どちらも一長一短がありますが、釣り場と状況に合わせ好みで使えば良いと思います。

ここでは一般的なオキアミを使用した釣りに向く浮きでの説明をします。

全誘導で有る程度潮流が早い場合などはキザクラ K's Magnas ST[ケイズ マグナス エスティー]
足元などを狙うときはキザクラ Gure circuit (グレ サーキット)タイプ1
若干荒れている時にオールマイティーに使うなら釣研 グレどんぐり SP オレンジ 3B
等が良いと思います。
後は状況を考慮して、0から5Bぐらいの物を揃えれば殆どの場合に対応できると思います。

オキアミ4?6kgに集魚材を入れ、ヒシャクで撒いたときに途中でこぼれたり、バラケないように作ります。

出来ればコマセは手で混ぜ、若干の粘りが出るように作ればOKです。

ヒシャクの大きさにもよりますが、この量で8時間程度使用できると思います。

基本的な餌の付け方です。

オキアミの付け方

通常オキアミを使用しますが、オキアミの尻尾は、上図のように、間接1つ分を切り取ります。

オキアミの付け方

これを針に刺すのですが、針に刺す時、上側(えびのセワタの入っている側)から針を入れ、

オキアミを針のチモトに押し上げるような感じで針に刺します。

食いが悪い時などは頭も落とし、なるべく小さくつけます。

仕掛けの投入

仕掛けの投入直後は、図1のようにハリスとウキが近くに着水するので、

道糸を巻き取り、図2のようにハリから竿先までが一直線になる様に糸を張り、

仕掛がなじむまでは道糸を出さないようにします。

こうすることで、仕掛け投入時から上層でのアタリをとる準備が出来ます。

※ポイント
投入時、浮きが着水する瞬間にサミング(途中で道糸を止める)して、浮きより先に針を着水させるように投入させます。

基本的にコマセは、浮きの手前に打ちます。

コマセを打ったらそこに仕掛けが入るよう、仕掛けをハリス分ほど巻いてきます。

コマセの打ち方

  1. 仕掛けを投入する
  2. コマセを撒く
  3. 仕掛けを、コマセを撒いた所に引き戻す
  4. ラインを緩めていく

の順になります。

これはあくまでも基本ですので、潮の状況により変わります。

例えば当て潮の時(手前に潮が来るとき)などは、コマセは浮きの奥に打ちます。

道糸を出して棚を探り釣る訳ですが、この時道糸は、張りすぎず緩めすぎずという状態を保ちながら出していきます。

慣れるまで難しいのですが、イメージとしては浮きから下がコマセに同調しながら沈み、

魚が餌をくわえて反転するまでの間、違和感の出ない程度に道糸を出すことが重要です。

これがうまくいかないと全誘導の場合はアタリが浮きに出てきません。

ある程度魚がいると思われる棚に仕掛けが沈んだらしばらく待ち、

軽く道糸を張って見ると魚が餌をくわえていればこの時浮きにあたりが出るでしょう。

アタリは浮きが沈むか道糸にダイレクトに出るので分かりやすいと思います。

※ポイント
リールは仕掛け投入後、ベールを倒さずに指でスプールを軽く押さえて道糸の出る量を調節します。
アタリが出るとスプールから糸が出て行くので、スプールを押さえている指でアタリが分かると思います。
慌てずにベールを倒し、ここで合せを入れてやり取りするわけです。

三浦半島の毘沙門・城ヶ島・剱崎・高磯でのグレ釣り釣行日誌です。
メジナ(グレ)の料理レシピを多数掲載しています。カルパッチョなどのイタリアンやポワレなどのフレンチ、和風の焼き物、昆布締めなどのレシピ。
メジナ(グレ)の三枚下ろしの手順から、皮の剥ぎ方(皮引き)、血合い骨の抜き方まで掲載しています。
海苔メジナで使用する海苔メジナ用のコマセの作り方とレシピ
メジナが釣れない!と悩んでいる方のために、先ずは釣り場に着いたら釣り場の状態を観察しましょうという薦め。釣れる人と釣れない人の違いなど、TVや雑誌、DVDなどでは分からない部分をお教えします。
海苔餌を使ったメジナの釣り方と仕掛け。世間では海苔メジナとか言われている釣り方になります。オキアミを使う釣りよりも大物が釣れます。
メジナ釣りの基本的な仕掛けです。これを元にポイントに合せて浮きやハリスの長さなどを変えます。

<<<前の釣り仕掛けへ | 次の釣り仕掛けへ>>> このページのトップへ

このページのトップへ

■複数キーワードで検索する時は半角スペースで区切ってください
海苔メジナ用のコマセ
自作円錐浮きの作り方-その4 パイプ・SICリング入れ
自作塗装ブース【改】
自作円錐浮きの作り方-その3 号数、ロゴ入れ
自作円錐浮きの塗装
塗装用ブースの自作
円錐浮きの作り方-その2 成型
円錐浮きの作り方-その1 穴あけ
自作円錐浮きの内蔵ウエイト(錘)の自作
メジナが釣れない?
レバーブレーキにドラグは必要か?
シマノ New BB-X デスピナ 2500DXG
ヒラマサのルアー仕掛け(3Dジグヘッド+ワーム)
海苔メジナ 釣り仕掛
タチウオ仕掛け(浮き釣り)
サイトURL変更
アジ 胴付き仕掛け
ヤリイカ 餌スッテ 釣 仕掛
イシモチの投げ釣り仕掛け
スズキの電気浮き釣り仕掛け
孫針の縛り方
針のチモトの編みつけ手順
チチワ(サージェンスループ)
電車結び
サワラ ジグ仕掛
アマダイ釣り仕掛け
太刀魚(タチウオ)ジギング釣仕掛
ブラクリ仕掛け
脈釣り仕掛け
渓流竿とハリスの結び方
枝針(エダス)の結び方(8の字結び)
メジマグロ ジギング 釣仕掛
メジマグロ(餌釣り)釣仕掛
タコ:投げ釣り仕掛
ヒラメ船・ボート釣仕掛
タコ釣仕掛:タコジグ
アジ ジグサビキ釣仕掛
アジ 浮きサビキ釣仕掛
アジサビキ釣仕掛
カワハギ船釣仕掛
渓流 ルアー釣仕掛
シロギス 船・ボート釣仕掛
浮き止めの作り方
マダイ ビシ釣仕掛
メジナ釣仕掛
クロダイ 浮きダンゴ釣り
糸同士の結び方(ブラッドノット)
ヨリモドシ等の結び方(ブリンソンノット)
針の縛り方ビデオ(外掛け結び)
テナガエビ釣仕掛
渓流釣り標準仕掛
渓流 ちょうちん仕掛
渓流釣り(フライ)仕掛
スミイカ(シリヤケイカ)堤防釣り仕掛
シロギス投げ釣仕掛
クロダイ投げ釣仕掛
ウナギ投げ釣り
ヒラマサ仕掛(メーター級)
小型ヒラマサの籠釣り(60cm前後)
ヒラマサの釣り方
クロダイ仕掛(棒浮フカセ仕掛)
黒鯛フカセ釣り-棚の取り方
針の縛り方
サヨリ・トビウオ釣り
カレイ投げ釣り
イセエビ穴釣り
イナダ籠釣り
アナゴの投げ釣り
アジ・イナダ片天秤
アイナメ投げ釣り(ブッコミ)
魚料理
肉料理
イタリアン
デザート・スウィーツ
中華料理
和食
洋食・フレンチ
その他料理レシピ